栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県専門の任意売却のプロフェッショナル 

【任意売却専門】司法書士いえまち法務

〒323-0822 栃木県小山市駅南町3-27-27

受付時間:9時~19時【折り返し対応含む】(休業日:土日祝:但し、面談対応可・要予約)
宅建業許可:栃木県知事(2)4874号 いえまち相談館

お気軽にお問合せください

0120-05-9000

任意売却とは

任意売却のメリットは、

① 自己破産を回避すること

② 引越し費用や自己破産の為の費用を貯める期間を作ること

③ 自宅を第三者に渡さない方法が取れる可能性があること

④ 手続きの費用は、債権者が負担してくれること

⑤ 自己破産をする際の財産を極力減らす という5点です。

① 自己破産を回避する

総合的に判断すると、自己破産の方が、今後の生活再建に良いと思われるケースでも、「資格喪失・免責不許可事由の為、自己破産できない。」「本人の自己破産は回避したいという強い希望がある。」「ローン残高と固定資産評価額の関係で、自己破産手続きの費用が高額な管財事件になってしまう。」などの理由から、自己破産の回避を選択する場合、競売よりも高額で売却できる可能性のある任意売却を選択します。

ただし、売却額を差し引いた住宅ローン残額は、今後も借金として残りますので、住宅が無いにもかかわらず、借金の返済は残ってしまいます。

② 引越し費用や自己破産の為の費用を貯める期間を作る

生活再建の為に自己破産をしなくてはいけないケースでも、まず一旦任意売却という選択肢をとる事により、すぐに競売にかけられるより、時間が稼げます。任意売却後に破産、もしくは、任意売却がうまくいかず、結果競売となったとしても、事前に引越しの為の期間や、破産費用の捻出の計画をしているのでスムーズに行えます。

また、自宅を先に処分することにより、費用が高額な管財事件になる可能性を少しでも減らします。

自宅を第三者に渡さない方法が取れる可能性がある

親族等がご自宅を買取ることにより、ご自宅を第三者に渡さないという選択肢が取れます。

ただし、住宅ローン以外に借金があり、オーバーローンでない場合は、自己破産の手続きを

取る際に、支障が出る可能性がありますので、他の借金との兼ね合いも十分に検討しなければいけません。

なお、競売に場合にも、最高価格で買受申出をすれば、親族がご自宅を落札することは可能ですが、最高価格という不確定要素があることと、住宅ローンを使うことが困難なケースが多いのが実情です。

【オーバーローンとは】

【オーバーローンとは】

任意売却・競売によって、売却した金額よりも住宅ローンの残額の方が多い状態のことを言います。通常は任意売却・競売どちらもオーバーローンのことが多いですが、競売の方が低額での売却となるので、残債務額は多くなる傾向にあります。

任意売却は、債権者に仲介手数料・抵当権の抹消費用等を負担してもらえる為、手続き費用はかかりません

一部の債権者は、交渉により、引越し費用も負担してくれる債権者もいます。任意売却は、費用がかかるのではとのご心配は不要です。

自己破産をする際の財産を極力減らす

己破産をする場合には、ご自宅の評価額によっては、自己破産管財事件といって、裁判所より管財人が選任される手続費用が高額になるものがあります。このような事態を回避するためには、先にご自宅を任意売却により、処分し、財産のない状態で、自己破産をすることが有効です。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-05-9000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表者名

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。